ページ先頭へ戻る

  1. ホーム
  2. 提供情報
  3. 概要と成果
  4. 安全性検証手法の研究開発
安全性検証手法の開発
1. 開発体制
 生活支援ロボット実用化プロジェクトの一つ目の研究開発項目「生活支援ロボットの安全性検証手法の研究開発」を遂行するため、コンソーシアム1では全体を統括するステアリングコミティーの下に、6つのワーキンググループ(WG)と一つの調査研究委員会が設定されました。(以下では、調査研究委員会もWGに含めます。)RT-SICの「知る」サイト内の「安全な生活支援ロボットを作る」の各ページは、それぞれ対応するWGの監修によるものです。また、掲載された資料は各WGの活動成果として産出されたものです。次節で、各WG等と本サイト内のコンテンツとの対応を示します。
2. WGの活動概要とコンテンツとの対応
WG名称 活動目的 本サイト内対応ページ
認証スキーム検討WG 認証スキームの策定と開発ロボットに対する認証パイロットスタディ実施 生活支援ロボットの認証
パイロットスタディ
ダウンロード資料
コンセプト検証WG コンセプト検証チェックシートおよびリスクアセスメントシートひな形の開発 コンセプト検証
ダウンロード資料
リスクアセスメント
ダウンロード資料
機能安全検討WG 機能安全 機能安全
ダウンロード資料
試験方法検討WG ISO規格を見据えた安全制検証試験法の開発 安全検証試験
国際標準化検討WG 審議中のISO13482規格に対する日本案の検討と作成 国際標準・規格
データベース検討WG 生活支援ロボットに関連する安全情報を提供するデータシステムの機能、提供情報の検討 RT-SICサイト全体
RT-SICについて
調査研究委員会 関連法規 生活支援ロボット関連の法律と制度の調査
ダウンロード資料