ページ先頭へ戻る

人間装着(密着)型生活支援ロボット
(1) 安全技術を導入した人間装着型生活支援ロボットスーツHALの開発
CYBERDYNE株式会社、国立大学法人筑波大学

課題
人に装着して人間の身体機能の拡張・増幅・支援を行うロボットの動作リスク低減および運用ルールの整備
研究開発内容
  • 装着時機能安定技術
  • 制御技術
  • 安全管理技術
  • 自己診断技術
  • 安全要素技術
図3-1
成果
高齢者,障害者に対して、上肢動作支援(食事支援、把持支援など)、下肢動作支援(立ち座り・歩行支援)、及び全身動作支援(重作業支援)の実現
  ▼
高齢者、障害者の生活支援(上肢、下肢の動作支援)
(2) 安全技術を導入したリズム歩行アシストの開発
委託先:株式会社本田技術研究所

課題
生活の場で起きうる転倒などの異常発生時に適切に対応する安全技術の確立
研究開発内容
  • リスクアセスメントによる本質安全設計の実施
  • 人の多様な歩行状態に適切に応答する制御技術開発
  • 異常発生時に人に対して障害とならないための機構開発
図3-2
成果
人の多様な動きに適切に応答する制御技術を搭載した、様々な環境で活用できる人装着型歩行アシストが実現
  ▼
医療・福祉・健康維持など幅広い領域での歩行支援