ページ先頭へ戻る

海外の法制度の調査
概要
 生活支援ロボットと関係が深い法制度について、海外(EU諸国、米国、アジア諸国)状況の調査報告。
 EU諸国については、国策として生活支援ロボットの実用化に取り組んでいるデンマーク王国、生活支援ロボットの法制度を研究しているドイツの法科大学、UL DEMCO(認証機関)、ドイツリハビリセンタなどの訪問調査。米国については、日本に先行して生活支援ロボットを事業化しているSegway Inc.、Gecko Systems Inc.、UL(認証機関)、RIA(ロボット業界団体)、2013年から生活支援ロボットの展示を企画していたシカゴ科学博物館などの訪問調査。
 さらに、欧米とアジア諸国における安全の考え方を明らかにするために、ドイツ、フランス、アメリカ、カナダ、韓国、中国、台湾、インドのヒアリング調査が行われた。

 報告書作成:(一財)製造科学技術センター 加藤雅弘
目次
  1. 諸論
  2. デンマーク王国訪問調査
  3. Segway Inc.とGecko Systems Inc.の訪問調査
    ABT Fonden, Science Park CareLab - Danish Technological Institute, Science Park - Welfare Tech Region, Copenhagen Municipality, Health and Elder Care Administration, Danish Center for Assistive Technology
  4. 欧州の安全認証基盤の訪問調査
    UL DEMCO, Carl von Ossietzky University Oldenburg, Oldenburg リハビリセンター
  5. 米国(認証先進国)調査
    シカゴ科学産業博物館, UL, RIA, Wayne State Univ.
  6. 欧米とアジアにおける安全の考え方に関するヒアリング調査

 ダウンロード 海外の法制度の調査